杉並演劇祭

平成25年4月9日

第10回杉並演劇祭報告書

杉並演劇祭実行委員会
実行委員長 篠﨑光正

平成25年3月1日に開幕した第10回杉並演劇祭は、3月31日をもって1か月間の演劇祭を無事閉幕いたしました。参加上演団体は22にのぼり、その間、約28,000人を動員し地元商店街や各施設のご協力により、盛大な祭りとして演劇祭を実施することができました。さらに4月8日に杉並演劇大賞の結果が発表され、高井戸地域区民センターに於いて
授賞式を挙行し、演劇大賞1団体、演劇優秀賞2団体の喜びとともに、今年度の杉並演劇祭は終幕しました。

受賞団体及び上演作品

杉並演劇祭 演劇大賞

団体:1110プロヂュース 
作品:『コーヒーが冷めないうちに』
作:演出 川口俊和
上演:3月13日~17日 9ステージ
劇場:かもめ座

 









 

杉並演劇祭 演劇優秀賞

団体:劇団半開き 
作品:『問う』 
作・演出 日比野線
上演:3月14日~17日 7ステージ
劇場:遊空間がざびぃ

 

 

杉並演劇祭 演劇優秀賞

団体:クリスタルレイク
作品:『つきがみたはなし』-演劇的ライブー(アンデルセンより)
作・演出 しかた ともこ
上演:3月18日  2ステージ
劇場:遊空間がざびぃ

 

今回の特色
23区内のひとつの区が開催する演劇祭も珍しいが、杉並区内に点在する小劇場演劇が、いくつも競い合うことにより、前回を上回る質的向上が目立つ演劇祭となった。これは演劇祭の目的のひとつである若い才能の発掘にも、大きく貢献することであるが、さらに、この演劇祭が若い才能を育てる結果が見えてきた。演劇祭が才能を育て発掘する。来年度はさらに参加劇場も増える予定で、参加団体も5割増が想定されている。杉並が「小劇場演劇のメッカ」と言われる日も遠くはない。

杉並演劇祭




クリックすると大きな地図をご覧いただけます。(PDF)

杉並区劇場地図
杉並演劇祭

杉並演劇祭

杉並演劇祭